絡子環

おかげさまで忙しくさせていただいており、ひさびさのブログです。

絡子環の木地を製作しました。

絡子環(らくすかん)と読みます。お坊さんの衣装、袈裟の胸の部分に付いている環です。

 

お坊さんは袈裟は法要ごとや位によって衣装は決まっているため、絡子環でおしゃれをしてはるそうです。

素材も木、べっ甲、水牛角、象牙と様々なものがあり、それぞれの個性があります。

 

学校の先輩で漆作家の方から以前にもご注文いただいたことがあり、今回は大きさを少しずつ変えて全部で3種類の絡子環を製作しました。

 

この後、先輩のもとで漆が塗られ螺鈿などの装飾が入り上品な絡子環に仕上げられます。